記事一覧

感染力に負けるな

男女

少しの気配りで防げる

例年11月頃から3月頃にかけてノロウイルスが大流行する。ここでは、ノロウイルスの予防法について説明していく。まず初めに、ノロウイルスの一次感染で多くを多くを占めているのが牡蠣を食べての感染である。牡蠣を食することによる感染の予防には90℃程度で90秒以上加熱するということが有効である。ノロウイルスの感染で多くの割合を占めているのは一次感染ではなく、二次感染である。代表的な例で言うと感染者の嘔吐物からの感染や感染者が触った物や使ったトイレに付着していたウイルスを手で触ってしまい、それが口に入るといったことがある。二次感染を予防する為には、やはり嘔吐物を処理する時にきちんと手袋を着用し塩素系のの漂白剤を嘔吐物にかけて消毒をすると言ったことが重要だ。嘔吐物を処理したは良いが、だた単に掃除機で吸っただけで消毒をしていなかったが為にその後乾燥した嘔吐物から大勢に感染したといったケースは少なくない。これらの理由から、社員で処理するのではなく外部の業者に任せるのが安全である。社外での感染を予防することが社内でのノロウイルス流行を防ぐことに繋がる。基本的なことではあるが予防策としては手洗いが最も有効である。先ほど述べたように、感染者が触った物に付着しているウイルスからの感染は多い。勿論、ウイルスは目に見えないので電車でつり革を持った後や帰宅、出社後等に小まめに石鹸を使用して手を洗うことにより予防できる。よく勘違いされているが、ノロウイルスに対してうがいは有効的といは言い難い。ノロウイルスは、極々少量のウイルスが体内に入るだけで感染してしまい、うがいによりそれら全てを体外に出すことは不可能だからである。

Copyright© 2018 グループチャットでやり取りが楽になる【導入を検討してみよう】 All Rights Reserved.