記事一覧

面接とその方法

テレビ電話

ネット活用によるポイント

採用面接を行う際には、受験者を会社に呼んで面接を行なったり、場所を確保して面接を行うことが一般的である。この場合、受験者を呼ぶために費用を負担したり、会場用意に費用が掛かるなど、面接を行う為の経費が必要になる。また、特定の時間と場所を設定して面接を行う場合には、受験者により時間などが合わず辞退されることなどの懸念もある。これらを解消するために近年利用されるサービスとして、オンライン面接がある。オンライン面接では、ネットを活用し面談するため、会社側も受験者側も負担なく面接を行うことができる。また、受験者を呼ぶためのコストや会場を設置するためのコストなども不要になる。さらに、オンライン面接では気軽に面接を行うことができるため、より多くの受験者と面接を行うことができ、多くの人の中から優秀な人材を確保できる可能性が有る。また、受験者側も受けやすくなるため、受験に対するハードルが下がり、受験してもらいやすくなるというメリットもある。オンライン面接を利用する場合には、高速回線を利用するということがポイントになる。回線が遅いことでスムーズな会話が行いにくくなる可能性が有る。音声が途切れたり映像が止まってしまうことで、面接がスムーズに進まないこともある。その為、オンライン面接を利用する場合には面接する側と受験者双方が一定の高速回線を利用して面接を行うことが必要である。それを確保できることで、実際の面接と変わらないやり取りを行なえる。

Copyright© 2018 グループチャットでやり取りが楽になる【導入を検討してみよう】 All Rights Reserved.