記事一覧

スケジューラーの活用法

カレンダー

取引先の人とも共有できる

最近、スケジューラーなどのスケジュールソフトを使う会社が増えています。スケジュールソフトに予定を書き込むだけで、社内の全員に自分の今後の行動を知らしめることが可能となります。スケジュールソフトがあることで、会議の招集や打ち合わせなどの日程も組みやすくなります。この手のスケジュールソフトは、スマホにもダウンロードできるので、出張先や移動中でも書き込みが可能です。最近は、手帳などは持ち歩かず、スケジューラー一つで予定管理をする人も増えているそうです。そして、スケジューラーの強みは、意外な所にもあります。進化したスケジューラーは、社内だけでなく、取引先とも共有することができるのです。社外のスケジュールソフトを訪問する時は暗証番号が必要になりますが、そのような使い方ができれば、訪問の時間を取り違えたなどの初歩的なミスは十分防げます。また、スケジューラーの多くはアラート機能付きであるため、行動予定の前日には、パソコンの画面上に書き込み内容が自動的に表示されます。この機能については、スケジューラーの画面を閉じていても表示されるので、確実な注意喚起ができることになります。ただ、行動予定については、直前で変更せざるを得ない場合があります。そのような時は、スケジューラーの予定日時を変更すれば良いのですが、情報共有している人員がいる場合は、変更の旨をメモで発信する機能も付いています。スケジューラーは、色々な面で役立つソフトと言えます。

Copyright© 2018 グループチャットでやり取りが楽になる【導入を検討してみよう】 All Rights Reserved.