記事一覧

掛けでの売買

パソコン

入金や出金の管理

商品の売買を行う企業において、必要となる業務に入金消し込みがある。入金消し込みは売掛で販売した代金を回収した際、回収したことを管理したり、逆に買掛で購入した代金を管理するといった業務である。また、企業では買掛や売掛で売買が行われるが、双方の掛け金額を相殺し、足りない分を入金するといった操作なども行われる。これらの入金消し込みについては、取引が多くなるほど複雑となり、また取引業者が増えることでさらに複雑化する。その為、通常は入金消し込みではシステムを活用し、代金の支払いや回収漏れなどを管理されている。入金消し込みのシステムでは、自社内にアプリとして導入するケースとWebサービスを活用して管理する方法がある。近年ではWebサービスの活用が増えており、利便性も高まっている。これらのシステムでは、銀行などへの入出金と連動する必要があり、また消し込み誤りがあると損害を被る恐れがあるため、信頼性が重視される。入金消し込みのシステムを導入する際には、システムの安定性や稼働実績が豊富なシステムを選ぶことが重要となる。また、最近のシステムでは消し込みの他に、入金していない取引先に自動で請求書を送付したり、自社で入金漏れがある場合にはメールなどで社内に通知するなどの機能を持ったものもでている。入金や出金については、取引が増えるほど漏れる可能性も高くなり、漏れることで取引先の信頼を失う恐れもあるため重要なシステムになっている。

Copyright© 2018 グループチャットでやり取りが楽になる【導入を検討してみよう】 All Rights Reserved.